布ナプキンをご存知でしょうか。布ナ

布ナプキンをご存知でしょうか。布ナプキンと言って連想されることといえば洗濯の手間や、漏れの心配などがあり使うことに戸惑いを感じる人がかなりいると思われます。
ですが、布ナプキンというものは下着と同じで、布でできているので、不快なムレやかゆみが減り、温かさを保つことができるのです。

そういったことから、ストレスが減り、体を冷えから守るという妊活の最中の女の方にはとても大事である子宮環境の向上に一役買います。


健康な赤ちゃんを産みたいなら、妊娠前であっても、妊娠中であっても可能な範囲で体に悪いものを排除する方が賢明です。ですので、たばこを吸わないよう心掛けましょう。タバコは嗜好品として「リラックス効果」は持っていますが体にいいものではないことは確かです。
喫煙習慣のある方は、禁煙も妊活の一環として開始しましょう。


妊活中の方は、薬の服用には注意が必要です。



胃腸薬や痛みどめなど、市販されているものであれば服用しても大丈夫です。その一方で気を付けていただきたいのは医師から処方されている持病の薬を飲む時でしょう。



けれども、身体に影響を与える事には変わりませんので、一般の市販薬や処方箋に限らず、医師や薬剤師といった専門家に確認をするのが安心だと思います。



葉酸は、妊娠初期に摂ると良い栄養素だと、広く知られていますね。

実のところ、妊娠1ヶ月前から少しずつサプリなどで葉酸を摂っていくと良いと理解していましたか?妊活を考えたときこそ意識して毎日葉酸を摂り始めたいタイミングなのです。
赤ちゃんに来て欲しいと思ったらまず葉酸の摂取からですね。


全ての妊婦から見て、葉酸は非常に重要な栄養素と言えます。



葉酸という名の通り、葉物を中心とした緑黄色野菜に豊富に含まれています。特に含有量が多い食材としては枝豆、ほうれん草などでしょう。そして、ほうれん草ならば、葉酸とともに必要になる栄養素の鉄分も多く含む食材として有名なので日々の献立に欠かせない野菜と言えます。


とりわけ妊婦の場合、順調に赤ちゃんが育つようにするためぜひ摂りたい栄養素は「葉酸」です。
「葉」の「酸」なので、キャベツ、レタスなどの葉物野菜を食べれば摂取できるように思われがちですが、果物にも案外豊富に含まれ、例えば、イチゴには100gあたり90μgの葉酸が含まれます。妊娠中の葉酸所要量は通常のほぼ倍なので、どんな食材に多く含まれているかを知って、日々の食事の中で、欠かさず摂れるようにしましょう。

真剣に妊娠を計画している方は、まずは産婦人科等で不妊検査を受けましょう。
検査の結果、体に問題が発見されなくてもその道のプロから妊活が捗るようなアドバイスを貰えますし、排卵の周期を確認した上でタイミングのよい性生活の指導も受けられるので、心強いですよね。妊活を始めるにあたっては自主的に産婦人科を受診しておくようにしましょう。


食材としては、レバーやほうれん草に葉酸が豊富に含まれているのですが葉酸が豊富な食材ばかりで毎日の献立は作れず、所要量を満たすのは結構難しいことです。葉酸摂取のために押さえておいてほしいのは、食事から摂れる葉酸だけで所要量を満たそうと考えず、栄養補助食品や薬も取り入れていくことです。葉酸を摂るためにどうしたらいいか、最適な方法を考えて十分な量の葉酸が摂れれば理想的です。
果物を食べる事は妊活中であっても良い効果が望めますから、実施していただきたいですね。

でも、どうせ食べるのなら、妊活のサポート効果が期待できるような果物の食べ方をできれば、もっと妊活の励みになるのではないでしょうか。
ご存知の方も居るかもしれませんが、果物の種類によっては体を温めて冷えをとってくれる効果が期待できるものも存在するようです。



例えば、さくらんぼやりんご、ぶどうや桃、オレンジといった果物が該当しますが、そのまま食べる事が難しいという場合は、加工されたドライフルーツでも十分です。先天性奇形の発生率というと、現在の日本では全体の約4%というのが平均的な数値です。

考えられる要因は、高齢出産、ウイルス感染などですが先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのが最近有名になってきた葉酸です。赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている妊娠初期の間に摂取することが最も重要で、妊娠している女性には、葉酸が必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても言いすぎることはありません。